転売の人口で言えば国内転売を行っている方が圧倒的に多いと思います。

僕も国内転売で普通のサラリーマン以上稼いでいますし、国内転売の魅力はたくさんあります。

国内転売のメリット

・国内で完結するから簡単に実践できる。

輸出や輸入を行う場合は基本的に日本語以外の言語が出てきます。
国内の場合は当然日本語だけですので、その面で困る心配はありません。

転売で難しいのは仕入れですが、ネット仕入れ、店舗仕入れも国内転売だと簡単に実践できます。
国内転売一番のメリットは簡単ということです。


・仕入れてから販売までの期間が短いから資金繰りが安定しやすい

無在庫販売を抜きにした場合、仕入れから入金までのサイクルが一番短いのは当然国内転売です。
資金繰りは転売において非常に重要なスキルであり、重要視すべきことです。

・購入者とのコミュニケーションが楽

ひとつ目のメリットと少しかぶりますが、商品についての問い合わせや返品の際も日本語で連絡が取れるので、細かい話合いも簡単にできます。
返品の際の送料が安いのも魅力ですね。

国内転売のデメリット

ライバルが多い

これが一番のデメリットです。
簡単ということはメリットでもあり、デメリットでもあります。
実践するのが楽な分、稼ぎ続けるためには他のライバルとの差別化が必要になります。

飽和というのは簡単にしません。
ですが、「現状維持は後退である」という言葉があるように、参入しやすい分後退しやすいビジネスであると思います。

仕組みを作るのが難しい

仕組みを作るのが難しいのは仕入れの部分です。

転売というのは安く買って高く売るビジネスです。
全てではないですが、国内転売では安い時に買って高い時に売るというビジネスモデルです。

輸出や輸入は基本的に殆どの商品に価格差があります。
なのでただ商品を仕入れて販売するだけです。もちろんすべて利益が出る商品では無いですが。
価格差を見つけるのが国内転売、価格差がある商品を仕入れるのが輸入や輸出

言っていることはほぼ同じですが違いわかりますかね?笑

要は国内転売の仕入れは誰にでもできるものではないということです。
わかりやすい例で言うと店舗せどりで稼いでる方は、どの店舗、どんなジャンル、どんなポップなどなど慣れや経験によって
稼げるようになるものです。

その仕入れの部分を人に任せるというのは難しいです。






今後、仕事はあまりしないで好きなことをやっていたいという人や、いろんなビジネスをやっていきたいという方には向いていないビジネスだと思います。

こう言ってると否定しているように聞こえたかもしれませんが、国内転売でもたくさんの経験値やスキルがたまりますので、
取っ掛かりとして初心者の方におすすめのビジネスです。

もちろん国内転売で大きく稼ぐことや仕組みを作ることはできますよ!