僕も輸入転売を行っています。

勉強して気づいたこと、実践の中で感じたことのメリット・デメリットです。

輸入転売のメリット

仕入れが無限

一番はこれですね。
言葉の通り輸入転売ですから、全世界の商品を仕入れの対象にすることができます。
その中で利益が出るという商品を探すだけですので稼げないということは絶対にありません。
飽和なんてことは絶対にありえないです!
もちろんアメリカAmazonから日本のAmazonに販売するという小さな世界でみれば、飽和することはないにしても、厳しくはなってくると思います。
折角全世界の商品が対象にできるんですから、アメリカだけでなく視野を広くしたら楽しいですよね!

利益の出る商品をリスト化できる

輸出にも言えて国内転売に比べてということですが、利益が出る商品をリスト化しやすいです。
どんどんリストを増やすことで、そのリストをリサーチするだけ、売れたら仕入れるというリピート仕入れだけで大きく稼ぐことができます。

何故リスト化しやすいのかはわかると思いますが、輸入という性質上価格差は絶対に存在するためです。
輸入するにはどんな業者でも人件費や送料、関税消費税もかかりますし為替も関係しているからです。

国内販売だから楽

これは輸出に比べてということですが、輸入した商品は国内で販売します。

なのでサーチもし易いですし、どのくらい売れているかなどもモノレートやオークファンなど使いやすいサイトが
たくさんあるので相場や、どのくらい売れているかという調査を簡単にできます。
購入者も日本人なので、フォローアップもしやすいですし!


輸入転売のデメリット

仕入れが面倒

日本語対応している海外のサイトなんてほとんどありませんので、外国語で仕入れを行います。
翻訳サイトなどもあるので実際はそれほど身構える必要はないのですが、やはり商品説明や、仕入れ交渉のやり取りなども全て外国語なので、面倒は面倒です。

また、仕入れる段階で輸入にかかる費用(転送サイトまでの送料、国際送料、関税消費税等)も重さや金額によって変わってきますので、はっきりとした仕入れ価格というのはわかりません。
実際はおおまかな費用で計算して仕入れを行いますが、輸入する前に何がどのくらいかかるかということは勉強して置かなければいけません。

偽物が多い

日本で偽物を購入するってことはほとんど無いですよね?あっても業者が輸入した商品を販売している場合がほとんどだと思います。
海外では普通に偽物が販売されています。アメリカAmazonでも特に中国や台湾セラーが販売している商品は殆ど偽物だと思っていいです。

気をつけていれば偽物をつかむことは少なくできますが、利益が出ると思ってたくさん仕入れたら実は偽物だったとか、気付かずに販売してアカウント停止になってしまったということはよくあることです。

輸入できない商品

これも偽物と同じように輸入する際に気をつけなければいけない点です。
日本国内への輸入を禁止している商品や、Amazonで販売できない商品というものが多く存在します。仕入れてから販売までの期間が長い

基本的に輸入転売の場合は、
海外サイトで商品を購入→転送サイトに送ってもらう→日本に発送→販売(AmazonFBAの場合は納品後販売)

という流れになります。

ですので仕入れてから自分の口座に入金されるまでの期間が長いということは明白かと思います。
支払いを遅くして入金を早めるということはビジネスの基本でもありますので、輸入転売の大きなデメリットです。
特にはじめのうちは資金繰りを気をつけても難しい部分もあるので、ある程度の資金は必要かと思います。

無在庫販売という方法もありますが、その分面倒な部分も多くなります。


以上が輸入転売のメリット・デメリットです。
海外の商品を販売できるという魅力的なビジネスですが、個人的には初心者におすすめはしないです!