ebay輸出をやってればアンダーバリューの問い合わせは必ずきていると思います。

 

そして、勿論しないほうが良いのはわかっていますが、しようかしないか迷いますよねー。

 

結構少なくなりましたが、それでもほぼ毎日来ているような気がします。

 

 

一応わからない方のために説明すると、商品を輸入する場合関税を支払わなければいけない可能性があります。

輸入者は商品を買ってくれるバイヤーです。

 

国によってバラバラなんですが例えば100ドルを超える商品は商品代金の10パーセントを関税として輸入者に請求します。

これを逃れるために、本来200ドルの商品だけど90ドルって申告して!って言って来たりします。

 

 

実際の価格より低くとか、declare (宣言)みたいな感じで言って来たらアンダーバリューの依頼って思って大丈夫です。

 

 

これを受け入れるメリットは、当然ですが受け入れた方が商品は売れます。

特にヨーロッパは関税が高いようなので、結構な頻度で問い合わせが来ます。

デメリットは、というかデメリットとかのレベルではないですが、そもそもアンダーバリューは犯罪です。

 

脱税幇助になるようです。

 

 

ここらへんはよくわからないですが、まあダメなことです笑

後はもし紛失や損傷があった場合でも申告した金額分しか補償されません。

出来れば買って欲しいし、バイヤーに税金払わせたくないのでやりたい気持ちはわかりますがまあ当然オススメはしないです。

 

普通にバレる可能性ありますからね。

 

 

確定申告、特に消費税還付しているなら書類提出求められる可能性はあるし、税関で開けられる可能性もあります。

少し少なめに書くくらいならまだしも大幅に低く申告すれば調べればバレますからね。

 

税関で開けられることは普通にあります。

アンダーバリューを求めてくるって事は関税が高い国なので、その国の税関も厳しめにチェックしてるような気がします。

そういうバイヤーが多い事は流石に知っているでしょうからね。

 

 

それとは別で贈り物として申告するか、商品として申告するかですが、僕は贈り物として申告してます。

 

以前郵便局員に聞いた時に会社と会社のやりとりじゃなければ、贈り物で大丈夫と言われたからです。

 

 

これが正しいのかわからないのでここは一応自己責任でお願いします。

アンダーバリューしたくなる気持ちはわかりますがそこは割り切って、しっかりと申告することをおすすめします!