以前ちらっと書いたこともありますが、今日はツールを外注さんに作ってもらうことについてです。

ツール作成なんてまだ早いと思っているかもしれないですが、そんなことは全くありません。
ツールを使えばできることをわざわざ手動でやる必要は全くありません。



難しそうに感じるかもしれないですが、難しいことは一切有りません。
僕もいくつか作ってもらいましたが、正直全然わかりません。何ができるかもほとんどわからないです。



だから僕は外注さんに作ってもらうツールの理想を伝えて、なにができるかできないかを教えてもらいながら、作ってもらっています。

自分が詳しくないことを伝えているので、全然不可能な的はずれなことを言っても別に大丈夫だし、意外にこうすればできる可能性があるっていうことを提案してくれる方もいます。


クラウドワークスやランサーズで募集すれば、このジャンルはたくさん応募があります。
リサーチや発送とかに比べればスキルがある分単価が高くなりますからね。
内容にもよると思いますが、僕の場合は応募から一日で10人位は集まっています。




だから、報酬もどのくらいが妥当かわからなければ、自分で設定する必要はありません。
応募してくれた方に何ができるかと見積金額を提示してもらい話し合って決めれば良いんです。
できることが同じなら逆オークション状態になるので、一番安くやってくれる方にやってもらえれば、相場よりも安くできることになります。
多少の交渉もできると思います。



リサーチや発送の外注さんとは違って、適当な人はほとんどいないと思うので、そこら辺も安心です。


これがツールでできたらいいなーくらいでまずは募集してみませんか?
あなたが今使っているツールと同じような機能のツールでも良いと思います。



買い切りだったら必要ないですが、月額ツールの場合作ってもらったら経費削減になる可能性も高いです。
更に自分の欲しい機能も付けれるかもしれないですからね!

そのツールは自分しかもっていないものなので差別化になりますよ!