現在僕は海外の発送外注さん2人、国内の発送外注さんも2人います。

先に結論を言いますが、問題なく郵便局と後納契約を結ぶことが出来ます。

国内は一人後納契約結んでいないですが、僕は自分も含めて4箇所の郵便局と後納契約を結んでいます。

 

まず、後納契約は発送する地域の郵便局で後納契約を結ぶ必要があります。

僕は元々住んでいる地域で後納契約を結んでいましたが、発送外注さんは全く別の場所に住んでいるので新たにその地域の郵便局と契約を結ばなければいけません。

勿論全て僕の名義です。

 

 

外注さんの名義で結ぶことも出来ますが、外注さんにお願いしていない理由として、

・引き落としにすることが出来ない

明細や支払い用紙などは全て契約者の外注さんに行くことになります。

そういうのを送ってもらうのも面倒だし、外注さんの口座に送料全て振り込んだり色々面倒です。

外注さんに支払いの責任があるというのも、外注さんからしたら不安の要素ですよね。

 

・発送の名前を外注さんの名前にする必要がある

これ言われたことあるんですが、実際発送者の名前って何でも大丈夫ですよね?

本当はそういう決まりで集荷の人が見ていないだけなのかもしれないですが。

 

・担保の可能性や通帳を見せる必要がある

後納契約を結ぶ際は、発送の量が多ければ、担保が必要になります。

担保がなくても、ある程度の貯金残高の通帳を見せなければいけません。

そこまで外注さんにお願いするのは気が引けます。

 

まあというか普通に自分で契約できるなら契約するので、こんなこと別に書かなくても良かったですね笑

発送数が多いなら、外注さんを自宅や事務所に呼んで発送作業してもらった方が楽だし、割引も受けることができるのですが、僕の場合は地方であまりメリットがないのでそれぞれで契約しています。

 

契約する時は外注さん、日本郵便の担当、自分と三者間になってしまうので、少し伝わりづらいですが契約することに地域は関係ないので、参考になればと思います!