外注化したら報酬を渡さなければいけないから利益が減るって意味じゃないです。

まあそういう部分もありますね。


外注化って基本的に自分がやっていた作業を他の人にやってもらうことです。
ツールを使って効率化するのも同じで自分や外注さんの作業をツールにやってもらうことです。



そうすることで何が起きるかというと、必ず自分がやっているよりも劣ったものができるし、ものによってはそのせいで赤字になったりすることもあります。



例えば、自分がリサーチしている時ってある程度は利益や利益率の基準は決めているとは思いますが、細かいところはなんとなくでその商品によって判断している所があると思います。
仕入れ先の出品者数が少ないからやめようとか、プライズ系はメルカリで安く仕入れれる可能性があるから少し利益少ないけど出してみようとか。
ツールでも明らかに1kg以上の商品なのにAmazonの発送重量が10gで登録されてたからそれで利益計算して出品しちゃったとか。



うまく例を出せないですが、そういうなんとなくの感覚で判断しているところって必ずあると思います。
でも外注化するのであれば明確な基準を出してマニュアル化する必要があります。



思いつく限りの判断材料を基準化してお願いすることも出来ないことはないですが、それはそれで色々めんどくさいです。
自分よりもミスが多いので、そこで余計なマイナスになってしまうこともよく有ります。




だから同じ作業をやるなら報酬とは別で自分でやるよりも必ず利益は落ちます。でもそれは自分の利益を増やすため必要経費です。

それを危惧して、ずっと自分ひとりでやったり、外注さんの作業を必要以上にチェックして結局時間が増えない、なんて人も結構います。

何が何でも自分でやりたい!って人はそれで良いですが、今後利益を増やしていこうと思うなら、自分がやるよりも利益が減るってことを頭に入れておいてください。




もちろんミスを少なくするように教育は必要だし、ミスが有った時に大事にならないような仕組みを考える必要はあります。
毎日8時間頑張って月収100万円よりも作業無しで月収100万円の方が当たり前に良いですよね。





最初はストレスが貯まる人もいるかもしれないですが、後者になるためには必ず通らなければ行けない道です。

まずは発送などの自分がやっても他の人がやっても変わらないって作業を任せていって、最終的には自分が何もしなくても回るようになることを目指しましょう!