郵便局やそれ以外でもたくさん発送すれば、割引を受けれる可能性があります。

殆どの方が日本郵便から発送していると思うので、今回は日本郵便の割引条件について書いていきます。
詳しくはhttps://www.post.japanpost.jp/int/download/charges.pdf
に載っています。

基本は小型包装物、E-packet、EMSで発送していると思いますがそれぞれ割引の条件があります。

 

小型包装物、E-packet
6

この2つは同じ割引条件です。

ただし小型包装物は書留のみ割引が適用されます。

都度割引も10通以上からで、月間で50通以上で割引受けることができるので、比較的簡単に受けれますね。

50通出して全体で40円割り引かれるのではなくて、勿論一通あたりなので、50通出せば2000円の割引が受けれるということです。

 

EMS

7

EMSは年間割引もあります。

ですが、申請する必要があるのと年間割引受けられる方は都度割引、月間割引が適用されません。

EMSが多い方は月間50個以上で10%も割引されるので大きいですね。

送料5000円×50個で250000円なので、10%の25000円が割引になります。

 

上記の発送方法全てに言えることですが、都度割引と、月間割引は併用出来ません。

EMSで月に50個出して一日10通出した日があっても合計で10%の割引ということです。

 

EMSが月間割引の対象になりそうなら、小型包装物で発送する予定のものをEMSに変更したほうが、お得になる可能性もあります。

 

送料の割引は丸々利益になり、比較的に簡単に割引を受けることができるので、意識してみてください!