僕はEBAYの無在庫輸出をおすすめしていますが、有在庫販売を否定しているわけではありません。



無在庫、有在庫どちらにもメリット・デメリットがあります。


どちらをやってもいいし、どっちもやってもいいですが当たり前ですが、それぞれのメリット・デメリットがわかっていないといけません。

例えば無在庫でも販売できるような商品なのに在庫を持つ意味はないですし、価格が高騰するのがわかっているような商品を無在庫で販売するのはもったいないです。



有在庫のメリットとして、
・在庫切れのリスクがない
・安く仕入れられる



デメリットは
・しっかりとしたリサーチが必要
・キャッシュフローを考える必要がある
・在庫の保管場所等


などがあると思います。
これらを考えた戦略を立てて販売していく必要があります。
一番のメリットは安く仕入れられることです。



価格が高騰する可能性が高いものや、品切れがよく起きる商品、無在庫にしづらい中古品などを販売するのであれば
有在庫販売をやるべきです。



ただし、上にも書きましたが先に代金を支払ってから売るので、キャッシュフローをかなり意識しなければいけないし、不良在庫も多少は抱えることになります。



だから資金がほとんどない方には向いていないです。
無在庫以上の利益率じゃないと有在庫をやる意味がないし、そもそも利益率10%とかじゃお金が回らないです。



無在庫のメリット、デメリットは今までの記事ににかいているとおもいますが、有在庫の逆だと思っていいです。
高利益率にしづらいけど、リサーチはほとんど必要なく、キャッシュフローもほぼ考えなくていいです。



だから資金がない初心者には無在庫が超おすすめです。



全ての商品を無在庫にする必要もないし、その逆もそうですが、その商品によって判断すればいいと思います。



基本を無在庫で売り上げて、有在庫で利益率の高い商品を売って利益を確保するっていうのがおすすめです。
無在庫販売で基本が身につくし、商品の知識やデータも取れるので、有在庫販売でも結果が出やすいです。