EBAYの無在庫輸出は量が命です。

僕もEBAYで現在二つのアカウントの合計で2万品くらい出品しています。



アンカーストアでは1万品まで出品手数料が無料なので、一万品を目指して出品数を増やしていっている人もいると思います。


利益を出すことが目的なので、ひたすら出品数を増やしても意味は無いですが、出品数を増やせば売れる確率が上がることは当たり前のことです。



どうやって1万品まで出品するのか?
これはもちろん自分ひとりではほぼ不可能ですし、同じようにリサーチしていても難しいと思います。



僕はどうしているかというと、単純ですが、よく売れている商品の関連商品やブランドなどを一括でリサーチしています。
リサーチといってもAmazonでキーワードを検索して、PRIMAで商品の情報を引っ張って、価格や必要な情報を入力してオークタウンでCSVで一括出品という感じです。
PRIMAについては今度紹介します。



CSVに入力するのとかは外注さんに任せているのでどのくらい時間がかかっているかわからないですが、出品する商品を選定するのはほとんど時間かからないです。
100件出品するならリサーチから出品までで3時間くらいとかだと思います。




だからEBAYを見ることは一切ありません。
一つ一つ価格とかを確認していたら時間がいくらあっても足りないからです。



それに1万品出した後のことも考えなければいけません。



一番が在庫の管理です。
価格が高騰していたり在庫切れになったりと価格改定を行わないと、うまくやっていけません。
一品ずつ価格改定していくのは不可能なので、ある程度は一括の利益率で計算して、価格を出しています。



結構効率よくやっているつもりですが、一回の価格改定で3時間以上くらいはかかってしまいます。
キャンセル率を下げるためには価格改定の頻度を上げなければいけないので、ここはさらに改善しなきゃいけないですね。



1万品出品するには出品するには大変ですが、どうやって価格改定していくかも考えておかなければ、手が回らない状態になります。
CSVに苦手意識持っている方もどこかで必ず克服しなければいけなです!
まあ正直このくらいのことだったら簡単にできます。

あくまで僕の方法で、いろいろなやり方はあると思いますが、普通に出品するよりはかなり効率よく出品しないと1万品出品まではいかないので、参考にしてみてください!