差別化が大事ってよく聞きますが、具体的に何をすればいいかわからないって方もいるかもしれません。

頭を使っていろんな工夫をしてライバル達が思いつかないような画期的な何かって思っているかもしれませんが、差別化って実はすごく簡単なんです。

というのもちょっとの差別化で十分効果的だからです。




まずは多くの人がやっている販売がどういう方法なのか理解することです。それと違うことをすればそれは差別化です。
EBAY輸出で言えば、他の人が過去に販売していた商品で利益が取れる商品がAmazonにあればそれを出品していくという方法です。



これと違うといえば、

・過去売れていない商品



これは人気のブランドや売れている商品の関連商品は見つかるので比較的簡単です。
でも売れれば簡単に真似されてしまうので、あまりおすすめはしません。

・専門ストア



殆どの人は手当たり次第出品しているので、専門ジャンルに特化したストアにするだけで差別化になります。


・Amazonにない商品



Amazon以上に最安値がある場合も含みます。
ネットショップ限定(限定特典も)や専門のネットショップにはAmazonにない商品が結構あります。
適当にAmazonにない商品を探してもなかなか見つけれないと思いますが、よく売れている商品を深掘りしてリサーチしていれば
結構見つかります。

・出品しづらい商品(Amazonにあっても)



これはAmazonにない商品っていうのと少しかぶりますが、これが一番簡単な差別化になると思います。
出品しづらい商品ていうのを一言で言えば、少しめんどくさい商品です。





例えば

・まとめ、セット売り



消耗品のまとめやフィギュア等をセットにして売ります。
当たり前ですが、まとめやセット売りにすることでメリットがある商品です。


・中古品



何回も言っていますが、中古品はおすすめです。
そもそもAmazonは人気の商品以外は中古が少し弱いです。
アマゾンからの中古仕入れでも十分ですが、そもそもジャンルによっては全然中古が出品されていないです。



他にも、郵便局で送れない商品(郵便局の方が高い)
EMSでサイズが超えていても他の発送方法を使えば送れる可能性が高いです。(料金も高いですが)



予約品も通常の出品に比べたら少しだけ面倒です。人気の商品をライバルがいない状態で販売できるので、かなり有効です。



割りと具体的に書きましたが、重要なのは少し手間を加えるということです。
少し手間がいる出品をしていたら、多くの出品者は真似しません。


きちんと利益が出る状態での販売であれば、人気の商品は売れやすいっていうの間違えです。



みんなわかっていることですが、
需要<供給であればあなたの商品は売れづらくなり
需要>供給であればあなたの商品は売れやすくなります。




例えば人気の商品で一ヶ月100個売れる商品があっても出品者が1000人いればあなたの商品が売れるのは10ヶ月に1回だけです。
特にAmazonはそんな状態です。EBAYのバイヤーもEBAYだけ見てるわけではありません。



でも一ヶ月で一個売れる商品で出品者があなただけならバイヤーは当然あなたから買います。他に選択肢がないですからね。
中古品であればある意味世界に一つです。




少し大げさな話になりましたが、人気、人気じゃないということ以上にライバルが少ないってことを重視するべきかわかってもらえたと思います。

勿論現状でも他の人の真似でも稼げます。
ですが、その出品していく中で差別化のためのリサーチを日々行っていきましょう!