既に使っている方も多いと思いますが、EBAYが提供しているシッピングツールは結構使えます。

手書きや郵便局のマイページを使っている方からしたらかなり時短になると思います。



EBAY shipping tool



無料で使えて日本語に対応しています。



使い方についてはシッピングツールの方でマニュアルを提供していますでそちらを見たほうが早いと思います。
簡単なので既に発送していた人は感覚でわかるかと思います。



こちらをおすすめ理由は単純で、EBAYの販売した商品を自動で取り込んでくれることです。
EBAYとシンクというボタンを押せばEBAYでまだ発送していない商品を取り込んでくれます。



あとは通常通り税関告知書に書く項目を入力していけばラベルを印刷して、発送する商品に貼るだけです。
シッピングツールの方で発送完了すればEBAYの方でも追跡番号を自動で入れてくれるので、EBAY上で発送処理は必要ありません。



SAL便送れない国とかにはラベル印刷する前に教えてくれるので、国ごとに確認する必要もないし、集荷の時にめんどくさくなったりしません。



ただ注意しなければいけないのは、書留がない発送方法は対応していません。
ほとんど書留を付けていないセラーはあまり使えませんね。



あとは謎のエラーでたまに住所が英語以外の言語だと印刷出来ないようです。
僕は発送していないのでシッピングツールもたまにしか使わないのでわからないですが、もしかしたら毎回なるのかもです。



住所が長いよ!ってエラーが出るときもありますが、その場合は重複している箇所消したり、他の項目に住所貼り付けて、長さ調整すれば送れます。



あとこれはシッピングツールに限ったことじゃないですが、郵便局によってはラベルに正しい重量を書かなければいけないです。
その場合は梱包して重さを計ってから印刷する必要があります。
もしかしたら基本はそうなのかもしれないですが、たまたま僕の所は適当でも何も言わずに持っていってくれます。





何を集荷してくれるかしてくれないかとかも結構郵便局によって変わってくるので、自分のところでできてた場合も外注さんにお願いする時に違う可能性があるので
そこは注意してください!
そもそも郵便局員って国際配送にあんま詳しくない人も多いので、あんまりあてにしないほうがいいです!